1. >
  2. しつこい新聞勧誘の断り方:勧誘に来るのは新聞拡張員が多いHO88

しつこい新聞勧誘の断り方:勧誘に来るのは新聞拡張員が多いHO88

新聞は何かと凋落が囁かれていますが、それでも良い情報源にはなります。

既に取っている人はよいですし、購読していない人は検討してみることがお勧めできます。

しかし、勧誘が目障りなのも確かです。実際に勧誘をしている人の多くは配達員ではなく、拡張員と呼ばれる人たちです。

既に他と契約をしていると言っても、その契約が切れたらこっちに乗り換えて欲しい、とまで言ってくるほどです。

それだけ営業のノルマが厳しく、またダイレクトに給料に影響するのが新聞拡張員なのです。

しつこい新聞勧誘の断り方:ハッキリ「必要ない」と伝えるUT

必要があればそれをよい機会として契約するのもよいでしょうが、必要ないのであればはっきりといらない旨を伝えることです。

昔のように勝手に玄関に入ってくるようなことは殆どないです。ドアを閉められないように足を入れてガードするような古典的なやり方をしてくる人もほぼ絶滅したといってよいでしょう。

つまりは、必要ない、いらない、と言い続けることで断ることはほぼ可能になっています。あまりにもしつこすぎると問題になるので相手もそれは避けたいのです。

しつこい新聞勧誘の断り方:ネームカード・社名・氏名を聞く5

ですが、例外的な人は世の中のどの組織にもでもいるので注意はしたほうがよいです。

そんな人がきた場合は、名前と会社名を聞くとよいです。直接的にクレームを入れましょう。

場を収める為に契約をしてもよいです。その後、威圧的、恐怖を感じたので契約してしまった、と会社にクレームを入れればほぼ解約できます。

大抵の場合、クレームを入れるので名前を言え、会社名を言え、と伝えれば引き下がるようになります。相手にもそれはメリットがないからです。

しつこい新聞勧誘の断り方:特定商取引法を持ち出して断る41

特定商品取引法と言う訪問販売にも関係してくる法律があります。

当たり前なのですが押し売りは駄目ですし、どこの会社で名前はなんと言うのかを明示する義務も負わせています。

このあたりのことを法律名を出して言えば、諦めてくれるでしょう。法律を知っている人を相手にするほど面倒なことはない、とわかっていますからこれはとても有効的なので法律名を覚えているだけでも意味はあります。

しつこい訪問販売撃退の為に覚えておくと良いでしょう。

生まれ変わった自分。

私は普段から化粧水を使っています。理由は学生時代からニキビがひどくてそれがきっかけで始めました。結果的には毎日使っていたらニキビは消えて自分でも言うのは何なんですが綺麗に生まれ変わりました。

始めて使った際は、ニキビも酷かったので化粧水を先に顔につけてからニキビの塗り薬をつけてニキビが完全に消えるまでひたすらやり続けました。ニキビが顔中に出来ていたために一時期は街も歩いていませんでしたが、今はどうしても同等と歩いています。もし化粧水を使っていなかったら今頃私の肌はより酷くなっていたと考えられます。

スキンケアis大事

最近はすっかり寒くなり、冬の装いもなされてきました。

こんな時期は毎回、お肌の乾燥に悩まされます。

洗顔、お風呂上がりには必ず化粧水、クリームなどでスキンケアをします。

これはお肌を乾燥から守るだけでなく、肌ツヤもよくしてくれるという、まさに一石二鳥であるので、欠かさずやってます。

これを欠かしたら私のお肌は干からびます。

もはや砂漠と見間違えるほどです。

まぁ、これは冗談ですが(笑)、スキンケアは男女関係なく、お肌を健康に保つのには大切だと感じる日々です!

スキンケアの重要性

私は一年前からエステに通っています。

エステに通うきっかけは、友達がエステサロンで働いていて1000円でエステ体験ができるキャンペーンをやっているから来ないかと誘われたことです。

正直エステには全くと言っていいほど興味がなく、半信半疑で体験した私は施術後に驚きが隠せませんでした。

それまで洗顔後に化粧水しかしていなかった私はエステに通いはじめてスキンケアの基礎を学び、化粧水・美容液・乳液・保湿クリームまできちんとするようになりました。

これまで乾燥肌に悩まされてきましたが、スキンケアをきちんとすることで乾燥を防ぐことができるようになったので、これからも継続していきたいと思います。