キャピタルゲインって何?:株式投資最大の魅力がキャピタルゲインAH

株式投資で利益を得る方法と言うのは、実はいくつかあります。

ですが、最も魅力的であるのがキャピタルゲインであると言えるでしょう。これは要するに株価の変動によって利益を引き出すことであり、まさに醍醐味の一つであると言えます。

上手くすれば何倍にもなることがあります。但し、一日ではならないです。これには値幅制限と言うのがあるので一日で一つの銘柄で元金の何倍にもなることは信用取引でもしていない限りはあり得ないことになります。

キャピタルゲインって何?:キャピタルゲインとはどうなればいいの?5

キャピタルゲインとはどうしても値上がりばかりが目に行きますが売りから入っている株投資であればむしろ、値が下がるほうがキャピタルゲインになります。

要するに価値が変わることによって、自分の利益に出来ることをキャピタルゲインと呼ぶわけです。投資スタイルによって、その方向性はまるで反対になってしまうことはよくあります。

キャピタルゲインの利益の出し方についてはやや複雑であり、上がることのみではないと理解しておきましょう。

キャピタルゲインって何?:キャピタルゲインの反対はキャピタルロス16

逆にキャピタルゲインではなく、損をすることも株式投資ではあるでしょう。

投資と言うのは、常にそのリスクを背負っていることになります。それこそがキャピタルロスです。

ゲインの反対であるのでロス、損失となります。

これも下がることのみがロスとなるわけではないので注意しましょう。しかし、買いから入っている株式投資であるならば原則は値上がりことがキャピタルゲインであり、値下がりがキャピタルロスです。

ロスといっても決済をして初めて損を確定します。その間は含み損になります。

キャピタルゲインって何?:メリットとデメリットは表裏一体SF30

投資である以上、損と利益は表裏一体です。

メリットとデメリットは常にメビウスの輪のように繋がりがあります。損をしたと思ったら、利益に転じていることもありますし、その逆もよくあります。

一つ言えることは、決済をする、取引を手仕舞いにするまではあくまで含みになります。含み益では利益ではなく、含み損ではまだ損は決まっていないのです。

これを利確、損切といいます。損切はロスカットと呼ばれることもあります。常にこのどちらかを意識して行動するのが株式投資です。

乾燥肌の人にオススメのスチーム

私は人一倍乾燥肌なので、普通に化粧水や乳液をパチャパチャ付けても、肌に全く浸透しません。手もハンドクリームを塗ったとしても、すぐに乾いてしまい役に立った事がありません。年齢も重ねて来ているので何とかしようと思い始めたのが、自宅で出来るスチームエステです。機械はたまたま、母親が持っていたので借りて使ってみたのですが、肌が変わります。毛穴が開くので、その瞬間に化粧水を塗ると吸い込み、一日中乾燥する事なくモチモチします。寝る前にスチームをして寝ると、次の朝の肌の良さには驚きます。スチームがない場合は温めたタオルでも同じ効果が得られるので、是非皆さんに試してもらいたいです。

冬のスキンケア

もともと乾燥肌で、冬は特に乾燥しがちなので、保湿には力を入れています。いつもお風呂上りに化粧水と乳液を顔に塗っているのですが、冬になると浴室のすぐ外にそれらを置き、肌が乾燥しないうちに塗るようにしています。また、以前は一本一万円以上する高価なスキンケア商品を使用していたのですが、高価なものだから自分の肌に合うかというとそうではなく、冬限定ですが、現在はドラッグストアで購入した一本六百円の化粧水を使用しております。肌のツヤもよく、非常に気に入っております。

シンプルケアの真逆をいきます

ここ最近は、シンプルなスキンケアが流行っていますね。

化粧水や乳液、美容液がまとめて入っているオールインワンジェルや、化粧水とオイルだけ、というミニマムなスキンケアなど。

しかし、私はその流行に真逆をいっていますね。

スキンケアには十分に時間をかけ丁寧に行うことを心がけています。

というのも、スキンケアタイムは私にとって癒しの時間でもあるからです。

自分には大事に扱うだけの価値がある、と感じられます。

また、手間暇をかければかけるだけ、肌は瑞々しくハリとツヤが出てくるのを実感できますね。

なので、私にはシンプルケアは合いません。

大事なのは保湿!

スキンケアは肌を正常に保つ為に必要なことだと考えております。

ストレス(紫外線や乾燥)がない季節には保湿を一番大切にする必要があるかと思います。

ですので、保湿を中心におこなっております。

薬剤師として思うのは、ナノヒアルロン酸というものは、所詮アミノ酸がつながったものであり、効果は少ない。

化粧水として適しているものは無香料のもので、低刺激のものでしょうか。

それをたっぷりとつけて、しっかりしみこませるのが大切かと思います。

日経新聞電子版は高すぎるという方に朗報。今なら無料で日経が読めます!|日経電子版料金情報局
http://xn--n9j7b9b078wg0k4ducvs564cf9jx8c101c8li1t1b2t2b.com/

日経電子版でニュースを読むならこちらへ!
お得な購読方法が紹介されています。